« 砂越~北余目(1) | Main | 砂越~北余目(3) »

24 December 2015

砂越~北余目(2)

20150803b


<2015年8月3日)

|

« 砂越~北余目(1) | Main | 砂越~北余目(3) »

Comments

トップページのご変更お待ちしておりました、いつもご厚志賜り誠にありがとうございます。ところで表紙はR25編成でしょうか?

11月に関西方面へ出向いた際尼崎のJR福知山線脱線事故現場へお伺いしました。尼崎では慰霊碑の準備工事が行われていますが詳細は未定でなかなか進まないとの事でした。慰霊碑や慰霊施設が充実していることが良いことなのか悪いことなのか改めて考えさせられることとなりました。

私にとっては糸魚川快速の485系3000番台を見て「他人事では無い」と考えさせられるばかりです。

Posted by: R.Y.O.Bunsyou | 24 December 2015 at 20:37

>R.Y.O.Bunsyou様

コメントありがとうございます。

表紙は、確か「R26」です。
12月25日に「そこ」に行ったのは
(485系が走っているときには、です・・・)
一度だけ(2012年)ですが、
そのときの2008Mでした。

以前、古い橋りょうやトンネルを頻繁に見て回っていたころに、
鉄道事故の慰霊碑もいくつか訪れたことがあります。
(サイトで紹介しているものもあります。)
古いものも、そんなに規模が大きくないものも、
事故の現場からは離れた場所にあるものも、
皆、定期的に清掃や整備等をしてくださっている方が
必ずいらっしゃることがすぐにわかる状況になっていました。

(砂越~北余目のように)慰霊碑・施設が充実していることは、
一般的には、良いことだと思います。
ただ、ご紹介のお話をうかがうと、
慰霊碑・施設を設けること自体が「目的」ではないのだ、
とも感じます。

R26は数少ない「現役」の編成と思います。
まだまだ、走ってほしいですし、
普通に走っているうちに、見に(乗りに?)行きたいです。

Posted by: TILL | 25 December 2015 at 22:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62197/62926026

Listed below are links to weblogs that reference 砂越~北余目(2):

« 砂越~北余目(1) | Main | 砂越~北余目(3) »